お疲れ様です。

明日から年末まで地味に忙しいので、少々早いですが2023年を振り返ろうと思います。

とりあえず、トータルで見て本当に幸せな素晴らしい1年でした。

2014年以来ですねw

2015年以降はあくまで主観的ではありますが、

極めて不幸な人生を送ってましたから感無量であります。

なぜ今年一年で慢性化してた不幸状態から脱することができたのか。

自分の中で考える要因は3つ

1つは、


自分が無能ではないと思えたから


です。

僕にとって最大のストレスを分析すると、

それは物心ついてから常に「自分が無能と感じること」でした。

最初に自分が日常的にストレスを感じ始めたのは高校の時。

最近はむしろスポーツ万能キャラなのですが(マジで)、

当時は本当にテニスが下手すぎてね。

野球部やハンドボール部、サッカー部など、ガチ部活だらけの中、

部活の時間になっても部室でモンハンをやっているような、


運動部の肥溜め


と言っても過言ではない弱小部内で1番下手でした。

それが尋常じゃないストレスだったのです。

部活中に「無能」を感じていなければ、おそらくもっと快適に高校生活を過ごせたはずですし、

よりスクールカースト上位となって、
(※実際は1軍の一番下と2軍の一番上の境目)

小悪魔女子(笑)にナメられることもなかったかもしれませんw



大学に入ってからは、「無能を感じること」が生まれて初めて「勉強」に変わりました。

文系好きの理系嫌いのくせに、

周りに流されて理系に行った上、

知名度と偏差値だけで大阪大学工学部とかいう魔境に進学してしまい、

「単位落とすキャラ」
「再履修キャラ」


として6年間過ごしました。

大学・大学院生活、プライベートは凄く楽しかったですけど、

勉強があまりにも理解できず、興味を持てない上にバカにされるのは相当な苦痛でしたし、
(バカにされるのは3年目あたりから笑いに変えられるようになりましたがw)

「やるべきことをやれていない」
「かと言って、他に何かやれているわけではない」


そんなモヤモヤした感覚が常にありました。

それでも、高校や大学の時はまだマシでしたね。

とある大手機械メーカーに技術系総合職として入社してからが本当の地獄。

24時間己の無能との闘いと言いますか。

どれだけ頑張っても仕事が身に付かないし、

何もできるようにならないし、

何も分からないし、どうすればできるようになるのか分からないし、

自分が将来的にまともに働けるイメージができませんでした。

客観的に見てホワイト企業でしたし、特に会社に対して悪感情はありませんが、

本当に辛かったです。

ガチの鬱病になりましたし。

その後も、大学職員をやったり、社会保険労務士事務所のアシスタントをやりましたが、

精神的な不調も一因でしょうが悉く無能を晒し、その度に

「俺は、どんな仕事をしてもダメだ。

まともな人生を歩めるはずがない。消えてなくなりたい。」


と心の底から思っていました。

ところが・・・

今年に入り、

塾講師と児童クラブの指導員を始め、

ぶっちゃけ色んな人に高評価を受けております。

塾の方では、生徒さんの努力のウエイトが殆どとは言え、

目に見える成果をしっかり上げてますしね。

また、通信制大学に通えば授業内容は楽勝で、

人と話せば多くの人から「おもろい」と評価され、

テニスをやってもバドミントンをやってもボードゲームをやっても上手いと評され、

ブログを再開すれば仲間内だけとは言え絶賛されております。

すんません、今年に入って、


スーパーしごでき路線入りました。


どこ行っても、まあまあ有能扱いなんですよ。笑

この状態がどれほどストレスフリーか、というね。

会社員時代の数%くらいのストレスしかない。

もちろん、社会的にも経済的にも今の僕は機械メーカー時代から見たら果てしなく低いです。

それでも、遥かに今の方が楽。

今後の人生は、「無能」を感じる分野からは一瞬で逃亡し、

「有能」を感じられることだけにフォーカスしていく所存です。

次は、


友人の構成比を大幅に変えたこと


ですね。

今僕は様々なコミュニティで人と交流するようにしています。

今年に入るまでは、家族、学生時代・社会人時代の友人以外と関わることは殆どありませんでしたが。

これが非常に大きかった。

詳細は以前の記事に譲りますが、人と比べて不幸になることは今はないです。



大企業サラリーマンとばかり絡んでいたら、

そこから逸脱した自分と彼らを比較しないなんて無理ですよ。

かといって、友人関係を全て断ってしまうのは将来的にとんでもないリスクになります。

今、オンライン・オフライン含めて3つほどのコミュニティに属していると言える状態ですが、

それぞれで交流してくださる皆様方には感謝の気持ちしかありません。

勿論、今まで通り絡んでくれる学生時代・会社員時代の友人の皆さんもね。

そして最後が、


成功できそうという自信を得られたから


です。

1つ目と被りますけど。

具体的に言えば、教育分野心理分野ライティング分野、もしかしたらお笑い分野(笑)において、

自分の感覚、周囲からの評価を冷静に分析すれば、

間違いなく適性があると言えるだけの材料を得られました。

これらの分野における努力は、努力と思わず娯楽のように取り組めますので、

全てにおいて全力で取り組めば、どこかで花開くはずです。

具体的には、

科学的なエビデンスを基にした学習塾を開いてみたいし、

カウンセラーとして働きながら心理学の論文をガンガン書きたいし、

ブログで十分な不労所得も得たいし、

面白おかしく心理学を解説する動画でも稼ぎたいです。

ゲーム実況もありだなw

そういう想像をすると所謂ワクワクしますよね。

いつ成功できるかまでは運もありますから分かりませんけど、

十分いけると思います。

こんな感じですから、割と今の僕は自信満々に見えるはずです。

ですから、現状こそ弱者男性カテゴリに入れられるかもしれませんけど、

恋愛とか結婚とかも諦めんくてもええかもしれんとは思いますよ。笑

「俺みたいな夢も希望も金もない弱者に、恋愛や結婚なんてする資格はない」

と去年まで本気で思っていましたが。

やっぱマインドが全てなんでね。


「今の俺の状態はまだ不安定かもしれん。

だけど、付いてきてくれたら数年後は普通の人生じゃ見られない景色を見せてやるわ。

絶対に後悔はさせん。」



くらいイキリ散らかせますよ今だったらwww


本来限りなくネガティブ人間で、

根拠なくそういうことを思う人間じゃないですからね、僕はw

「根拠なき自信を持て」

などという言葉は、


チャバネゴキブリの卵のように嫌ってるんで。
(次の嫌いな言葉シリーズはこれやねw)

ですから、そういう浮いた話もね、

ボチボチ頑張っていこうかと思います。

ただ、こればっかしは得意分野じゃないから、


”無能”を感じて不幸になりそうだけど。